Home整形外科>骨密度測定について

骨密度測定について

X線骨密度測定装置

当院では、2013年1月に世界で最も信頼されている最新の骨密度測定装置の導入を致しました。測定には極めて少ないX線を使用しますので、女性の方にも安心して検査を受けて頂けます。

腰椎と大腿骨の骨密度測定時間は約2分と今までと比較にならないほど正確、安全、スピーディーに骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の診断を行うことができるようになりました。

骨粗鬆症とは

骨粗鬆症とは、いろいろな原因で骨の量が減ってスカスカになり、骨折を起こしやすくなっている状態、もしくは骨折を起こしてしまった状態のことを言います。

骨粗鬆症によって、腰椎(ようつい:腰の骨)が骨折すると、歩行困難になったり背中や腰が曲がって来たり歩きにくくなります。また、大腿骨(だいたいこつ:股関節の骨)が骨折すると、多くの場合は歩けなくなり、手術が必要となります。

このため、腰椎や大腿骨の骨密度を正確に測定し、骨粗鬆症の早期発見・早期治療をすることがとても重要になっています。

広瀬整形外科リウマチ科(東急田園都市線江田駅西口徒歩1分)

〒225-0015 神奈川県横浜市青葉区荏田北1-2-1 platform 102(駐車場あり)
TEL:045-910-0711

本日の診療時間
2018年09月23日(日)
9:00~12:30 15:00~18:30
supported by DIGITAL Lamp